労働関係最近の裁判例
労働関係最近の裁判例
最高裁判例 裁判所のホームページからの情報

平成26(受)1310 懲戒処分無効確認等請求事件 
平成27年2月26日 最高裁判所第一小法廷 判決 破棄自判
原審 大阪高等裁判所 平成25(ネ)2860 平成26年3月28日
☆職場における性的な内容の発言等によるセクシュアル・ハラスメント等を理由としてされた
懲戒処分が懲戒権を濫用したものとはいえず有効であるとされた事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84883 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf

平成24(受)1478 損害賠償請求事件 
平成27年3月4日 最高裁判所大法廷 判決 棄却
原審 東京高等裁判所 平成23(ネ)3957 平成24年3月22日
☆1 不法行為により死亡した被害者の相続人が支給を受けるなどした労災保険法に
基づく遺族補償年金は,逸失利益等の消極損害の元本との間で,損益相殺的な調整を
すべきである2 不法行為により死亡した被害者の相続人が労災保険法に基づく
族補償年金の支給を受けるなどしたときは,特段の事情のない限り,その填補の対象
となる損害は不法行為の時に填補されたものとして損益相殺的な調整をすべきである
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84909 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/909/084909_hanrei.pdf

平成26(許)36 手数料還付申立て却下決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件 
平成27年5月19日 最高裁判所第三小法廷 決定 破棄自判
原審 大阪高等裁判所 平成26(ラ)681 平成26年7月24日
☆労働基準法114条の付加金の請求の価額は,当該付加金の請求が同条所定の
未払金の請求に係る訴訟において同請求とともにされるときは,当該訴訟の目的の
価額に算入されない
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85112 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/112/085112_hanrei.pdf

下級裁判所

平成24(行ウ)188 遺族補償一時金不支給決定処分取消等請求事件 
平成27年2月4日 大阪地方裁判所 第5民事部
☆営業職として勤務していた労働者が虚血性心不全により33歳で死亡したことについて,
発症前6か月より前からの長期間にわたる恒常的な長時間労働等により,
上記疾病を発症して死亡したものであるとして,労働者災害補償保険法による
遺族補償給付等を支給しない旨の労働基準監督署長の処分を取り消した事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=84932 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/932/084932_hanrei.pdf

平成24(行ウ)295 処分取消等請求事件 
平成27年2月16日 大阪地方裁判所 第5民事部
☆大阪市病院局の職員に対して入れ墨の有無等に関する調査に回答をすることを
義務付ける大阪市病院局長の職務命令は,社会的差別の原因となるおそれがあると
認められる事項に関する個人情報の収集を禁止する大阪市個人情報保護条例6条2項に
反して同情報を収集することを目的とするものであって違法であるから,上記職務命令に
違反したことを理由とする上記職員に対する戒告処分も違法であるとして,
上記戒告処分が取り消された事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=84968 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/968/084968_hanrei.pdf

平成22(行ウ)22 時間外手当等請求事件 
平成27年2月26日 奈良地方裁判所 民事部
☆宿日直勤務が労基法上の労働時間に該当するか、宅直当番が労基法上の労働時間に
該当するか、宿日直勤務が断続的労働に該当するか等が争われた事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=84922 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/922/084922_hanrei.pdf



平成25(ワ)1377 損害賠償請求事件
 
平成27年4月17日 札幌地方裁判所
☆被告法人の従業員である原告が,同法人の実質的な最高責任者等である被告個人らから,
セクシュアル・ハラスメント及びパワー・ハラスメントを受けたと主張して損害賠償請求をしたの
に対して,原告の人格的利益を侵害する違法な嫌がらせがあったとして,
上記請求の一部を認容した事案
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85101 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/101/085101_hanrei.pdf

平成25(ワ)5136 損害賠償請求事件
平成27年4月15日 大阪地方裁判所 第8民事部
☆被告の塗装工が,被告における約47年間の勤務の後,間質性肺炎にり患して
死亡した場合において,同塗装工は上記勤務により石綿肺にり患し(胸膜プラークあり),
被告には同塗装工に対し石綿粉じんのばく露による健康被害防止措置を講じなかった
こと等につき安全配慮義務違反が認められるとして,被告に損害賠償責任を認めた事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85140 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/140/085140_hanrei.pdf

平成23(ワ)4873 損害賠償請求事件 
平成27年4月17日 大阪地方裁判所 第12民事部
☆タレント養成学校に所属する生徒が,テレビ放送会社が実施した番組対抗駅伝の
リハーサルに参加して熱中症を発症した事故につき,テレビ放送会社にはリハーサルを
中止すべきであったのにこれを怠った過失があり,この過失と生徒の熱中症発症との
間の因果関係は認められるが,この過失と熱中症発症より後に生じた生徒の精神的
及び身体的機能低下との間の因果関係は認められず,また,
所属するタレント養成学校運営会社には過失が認められないとされた事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85149 
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/149/085149_hanrei.pdf



お問合せ
  ☆ 年金マスター 
ヤマシタ労務管理事務所
〒487-0011
愛知県春日井市中央台6−3−2
TEL:0568−48−9010
FAX:0568−91−8741